Zemaxアプリケーションをオフラインで使用するためのAnsysネットワークライセンスの借用

はじめに

Zemax 製品には、「Ansys Licensing Client Settings」という新しいユーティリティがバンドルされています。このユーティリティは、ライセンスサーバからライセンスシートを「借用」して、組織のネットワークから最大30日間離れている場合に使用されます。これは、以前はZemaxのレガシーライセンスでライセンスの「チェックアウト」と呼ばれていました。

ネットワークに戻れば有効期限内に返却できますが、何もしなければ自動的にタイムアウトになります。他の同僚が利用できるようにするため、不要になったらすぐに返却することを推奨いたします。

必要条件

重要: このユーティリティは、Ansys ライセンスに対してのみ機能します。L1XXXXX のような形式の Zemax レガシー ライセンス番号をお持ちの場合は、この Ansys リリースではなく、Zemax バージョンのソフトウェアをインストールする必要があります。

このプロセスおよびライセンス ユーティリティには以下のものが必要です。

  • 2023年1月以降にリリースされたAnsysのOpticStudioまたはOpticsBuilder
  • Windowsの管理者権限
  • ライセンスサーバーの名前とポート
  • ライセンスが有効化されるネットワークに接続されていること

ライセンスへのアクセスを設定する

WindowsのスタートメニューからAnsys Licensing Client Settingsを起動することから始めます。Zemax製品と同じフォルダーにあります。また、ソフトウェアがインストールされたフォルダー内から起動することもできます。

例:Opticstudio 2023 R1 の場合、 C:\Program Files\Ansys Zemax OpticStudio 2023 R1.00\licensingclient\winx64\ClientSettings\ClientSettings.exe に格納され ている。

open.png

コンピュータの管理者である場合は、変更を許可するポップアップが表示されます。はい]をクリックします。

パスワードの入力を求められ、通常のWindowsログイン情報を受け付けない場合、通常、このユーティリティを実行するための管理者権限がないことを意味します。このユーティリティを実行するための権限を得るには、会社のIT/ヘルプデスクにお問い合わせください。

ユーティリティの "FlexNet Publisher" セクションから、Ansys Zemax ライセンスがアクティベートされているライセンス サーバ名または IP アドレスを入力します。複数のサーバーまたは「triad」ライセンス バックアップ サーバーがある場合、ここに 3 つのライセンス サーバーすべてを入力します。ポート番号は、組織で別のポート番号に特別に設定されている場合を除き、通常は1055です。

 

サーバー名が不明な場合、Zemaxはお客様のライセンス・サーバーをホストしていないため、通常この情報を持っていません。この情報を入手するには、いくつかの方法があります。

  • すでにいずれかのライセンスを使用している同僚に確認してください。同僚は、Ansys Client 設定アプリまたは Ansys License Utility を開くことができます。これらは、OpticStudio または OpticsBuilder 内のヘルプ メニュー、または各製品のスタート メニュー フォルダにあります。
  • 上司または組織のIT部門に連絡する。

[テスト]をクリックして、サーバー(複数可)への接続を確認することができます。成功すると、[テスト]の右側にチェックボックスが表示されます。

[保存] をクリックすると、設定が適用されます。

configure.png

シートの借用

1.Borrowセクションに移動し、"Borrowable increments "ドロップダウン・メニューをクリックします。

ヒント: 「No Borrowable increments available」というエラーが表示される場合は、ライセンスにこのオプションが有効に設定されていない可能性があります。Zemax サポートにお問い合わせください。

no_borrowable_increments.png

2. 借用するライセンス機能(下記一覧参照)にチェックを入れます。

OpticStudio

重要 - 希望する OpticStudio のレベルに応じて、1 つまたは複数のライセンス増分を借用する必要があります。
zos_level1             = OpticStudio Pro
zos_level1+zos_level2       = OpticStudio Premium
zos_level1+zos_level2+zos_level3 = OpticStudio Enterprise 

 

OpticsBuilder -

重要 - zob_level1 と zob_level2 の両方を確認する必要があります。

zob_level1 + zob_level2 = OpticsBuilder

 

3. ライセンスの有効期限を選択します。ライセンスがあなたのマシンに縛られることなく、可能な限り早く他の人が利用できるように、必要な限り短い期間を選択することを推奨いたします。

4. "Borrow "を選択し、選択内容を保存します。  

借用したライセンスとその返却日が表示されます。これで、ネットワークから切断し、Zemax ソフトウェアを使用することができます。

ヒント: 以下に挙げる機能が表示されない場合は、アクセスしているサーバーに Zemax 製品の権利がないことを意味します。別のサーバーを指定する必要があるか、Zemax アプリケーション用の Ansys ライセンスが購入されていない可能性があります。

borrow.png

 

借用したライセンスを返却する

ライセンスは、ユーティリティに表示される有効期限に自動的に返却されます。しかし、他のユーザーのために可用性を確保するために、ライセンスが不要になった時点ですぐに返却することを推奨いたします。

ライセンスを返却するには、まず組織のネットワークに接続します。次に、Ansys Licensing Client Settings ユーティリティを再度開きます。Borrow]セクションに移動し、返却したいものの横にある[Return]をクリックするか、[Return All]を選択します。

after.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。