初めて OpticStudio をインストールする

本記事は、ライセンス認証及び OpticStudio のインストールと新しいコンピュータでのライセンスの使用法のチュートリアルです。初めて OpticStudio をインストールする方法について順を追って説明します。 OpticStudio でサポートされている様々な種類のライセンスとそのコンピュータへの認証方法についても説明します。また、インストールとライセンスで起きるトラブルを解決するための有用な情報も含まれています。

著者 Don Dickinson

Introduction

本記事では OpticStudio インストール方法について説明します。様々なライセンスの種類と、それらが実行できる OpticStudio のバージョンについても説明します。また、専用のトラブル シューティング記事へのリンクも含まれています。

始める前に

  1. お使いのコンピュータが 「システム要件」 を満たしていることを確認してください。特に OpticStudio 16 以降のバージョンでは、64bit 版の Windows 7 Service Pack 1 以降の OS である必要があります。

  2. お持ちのライセンスがどの形態用に発行されているか、確認してください。

    • 永久ライセンス : ライセンスがサポートされている間は、最新のリリース までの任意のバージョンがインストール可能となるライセンスです。(ただし、以下の手順3のライセンスと技術的に互換性がある場合に限ります。)サポート期限が切れた後は、期限直前の リリース バージョン の OpticStudio までインストールすることが可能です。
    • サブスクリプション ライセンス : このライセンスの場合、有効期限が切れた後に OpticStudio を起動するためには、 サブスクリプション ライセンス を再度有効にする必要があります。
  3. 使用する OpticStudio の リリース バージョン が、お使いのライセンスの種類と互換性があることを確認してください。OpticStudio / Zemax のすべてのバージョンがすべてのライセンス タイプで動作するわけではありません。インストールする前に下の表を確認してください。特に、シングル ユーザー USB キーは、OpticStudio を実行するマシンに挿し込む必要があります。ただし、インストール時には指示が表示される、または完了するまでキーを挿し込まないでください。

Table

  1. サポートの有効期限を確認するには、OpticStudio で [ヘルプ] ( Help ) タブ → [情報] ( Information ) グループ → [ OpticStudio について] ( About ) にて確認できます。また、購入請求書または最新のライセンス認証を確認するか、電子メールを更新することもできます。それでもわからない場合は、 「弊社セールチーム」 にメールを送信してください。メールにはライセンス キーのシリアル番号を記入するようにしてください。黒色の USB キーをお持ちの場合、シリアル番号はキー自体に刻まれた5桁の数字です。他のすべてのライセンス タイプの場合は、「L」で始まる 7 桁の英数字(例: L000001)であり、キーには刻印されていません。

  2. ソフトウェアをダウンロードしてください。上記の通りどのリリース バージョンがどのライセンスに適格で互換性があるかを確認し、対応するバージョンのソフトウェアを入手してください。必要に応じて Prerequisites もインストールしてください。ソフトウェアの最新版といくつかの旧版のリリース バージョンが 「OpticStudio ダウンロードページ」 で入手可能です。

ヒント:将来的に再インストールする必要がある場合に備えて、 OpticStudio インストール ファイルをバックアップしてください。旧バージョン サポート ポリシー に従い、 Zemax では 2 年前までの リリース バージョン への ダウンロード アクセス を提供しています。2年以上前の リリース バージョン は段階的に削除され、入手できなくなります。

OpticStudio のインストール

まず、インストールするために管理者権限があることを確認してください。OpticStudio インストーラをダブルクリックします。インストール ウィザードが開き、インストール方法を案内します。

Setup

[Next] をクリックしてください。エンドユーザー ライセンス 契約の画面が表示されます。ライセンス契約の条件をよく読んでください。条件に承諾する場合は、 [I accept the agreement (条件を承諾します)] の オプション ボタン を選択し、その次に [Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_2

開いているOpticStudio のインスタンスまたはマニュアルを閉じるよう指示する画面が表示されます。指示に従った後に、[Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_3

次に、インストール場所を指示する画面が表示されます。デフォルトでは 「C:\Program Files\Zemax OpticStudio」 にインストールされますが、他の場所やフォルダ名を指定することも可能です。[Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_4

同様に、 スタートメニュー フォルダ を指定することが可能です。 [Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_5

次に、デスクトップ アイコンやクイック起動アイコンを追加するかどうか選択することができます。[Next] をクリックして次に進みます。

Setup_6

次の画面では、インストールの概要が表示されます。

Setup_7

[Install] をクリックして続行します。すると、インストールが進行していることを知らせるダイアログが表示されます。

Setup_8

次に、 Prerequisite インストーラがレジストリを調べて、最新の Safenet Sentinel キー ドライバがインストールされているかどうかを確認します。もし黒い USB ライセンスが見つかった場合、 USB キーを抜くよう指示が出されます。OpticStudio とは関係のない Safenet 社及び Gemlto 社のハードウェア キーについても抜いてください。ライセンス キーを引き抜いた後は [OK] ボタンをクリックして、次に進んでください。 [Cancel] をクリックするとインストールが中止され、これまでのインストール作業が全て中断されます。

Prerequisites_installer_setup

Prerequisites がインストールされると、 OpticStudio のインストーラーに戻ります。 [Next] をクリックして次に進みます。

Setup_9

インストールの完了画面になります。[Finish] ボタンをクリックしてインストール ウィザードを閉じてください。 OpticStudio 19.4 以降のバージョンでは終了後に OpticStudio を起動するためのオプションがあり、これをチェックすると[Finish] ボタンをクリックした後すぐに OpticStudio が起動します。

setup complete

OpticStudio のインストール後、ライセンスのアクティベートと構成がしっかりなされていることを確認してください。詳細につきましては 「 OpticStudio ライセンスの構成」セクションを参照してください。

OpticStudio ライセンスの構成

OpticStudio はシングル ユーザー ライセンスと ネットワーク ライセンス をサポートしています。 OpticStudio 19.4 以降のリリース バージョンではセットアップ後、自動的に Zemax License Manager が起動します。それ以前のリリース バージョンでは、Windows のスタートメニューの 「Zemax OpticStudio」 フォルダから Zemax License Manager を起動させます。もし、以前のリリース バージョンでアクティベーションと構成が終わっているマシンで、 Zemax License Manager にてライセンスが確認できるなら、「 OpticStudio の起動」 のセクションはスキップできます。それ以外の場合は以下のガイドラインを引き続き参照してください。

シングル ユーザー (インディビジュアル) ライセンス

シングル ユーザ ライセンス関連の情報案内ページ は OpticStudio がインストールされているマシンで使用する必要があります。あるマシンから別のマシンにトランスファすることはできますが、ネットワーク経由では使用できません。

  • USB シングル ユーザー キー (黒、赤、または緑色のいずれかです。)の場合は、そのユーザーキーをコンピュータに挿し込むだけで使用できます。ライセンス ナンバー は Zemax License Manager の 「ライセンス一覧」 で 「ライセンス情報の一覧を確認します」 にて表示されます。19.4 以降のバージョンをインストールし、黒いUSBキーを接続する場合、「黒いUSBキーを使用」 ボタンを選択します。赤または緑色の USB キー ライセンスの場合、 ライセンス番号の横にある 「デフォルト」 ボタンを選択します。これにより、ライセンスがデフォルトで有効になり、Opticstudio が起動できるようになります。
  • ソフトキー ライセンスのアクティベーション コードを email 経由で受け取った場合は、Zemax License Manager の「新規ライセンス」にてそのコードを記入してください。より詳しくは 「シングルユーザー ソフト キーのインストール方法」 をご覧下さい。アクティベーション エラーが発生した場合は、「ソフトキーのアクティベーションとトランスファ エラーの解決」をご覧ください。

ネットワーク ライセンス

ネットワーク ライセンス はサーバー マシンにホストされます。ライセンス シートはサーバー マシンとは異なる OpticStudio クライアント マシン上でネットワーク上に準備された最大のシート数まで使うことができます。所属している組織のネットワークに接続している時ほとんどの場合、これらのライセンス タイプは自動的に Zemax License Manager に表示されます。そうでない場合は、以下のクライアント マシンでライセンスを構成するための追加情報をご覧ください。

ライセンスの動作を確認したら、以下の「OpticStudio の起動」 セクションに進みます。

OpticStudio の起動

OpticStudio を初めて起動するとロゴ画面が少しの間表示された後、ファイルをコンピュータにコピーする必要があることが通知されます。OpticStudio が以前にインストールされており、「データ フォルダの場所の変更」 を行わなかった場合は、ファイルは 「Windows アカウントのドキュメント \ Zemax」 フォルダ内にコピーされます。この中身は OpticStudio に付属しているすべてのサンプル ファイルとカタログです。特に、アップグレードしている場合は、以前のリリース バージョンのすべてのデフォルト ファイルが上書きされますのでご注意ください。そのため、Zemax サンプルを使用してレンズ システムを起動する場合は、別の名前で保存することをお勧めいたします。Finish_zemax_installation

[OK] をクリックしてください。ファイルがコピーされると OpticStudio が開きます。OpticStudio が開かない場合やダイアログ ボックスが表示される場合は、以下の 「トラブルシューティング」 のセクションをお読みください。

トラブル シューティング

OpticStudio が立ち上がらない時

OpticStudio でクラッシュ、エラー メッセージ 、または何も起こらない (エラーがない) 場合は、「OpticStudio のインストールに関するトラブルシューティング」 を参照してください。

ZemaxKey やライセンス コードが見つからない時

Error_message

ライセンスコードを要求される時

OpticStudio を初めて起動する際に、ライセンス コードの入力を求められることがあります。この要求は黒い USB キーをコンピュータに挿し込んでいる場合か、キー サーバーに挿し込まれている黒い USB キー ネットワーク ライセンスに接続するときに表示されます。

License_code

 

このダイアログ ボックスが表示された場合、 OpticStudio のコピーが正しくインストールされ、ライセンスが正しく機能していることを意味しており、あとは OpticStudio をキーで起動できるようにするためのライセンスコードが必要な状態です。ライセンス コードのリクエストにつきましては 「OpticStudio のライセンス コードのリクエスト方法」 を参照してください。

KA-01511

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。