ソフトキー及びレッドUSBキーのネットワーク ライセンスに関するクライアント コンピュータ設定を自動化する方法

この記事では、OpticStudio または OpticsBuilder ネットワーク ライセンス管理者がクライアント マシン上のファイルを編集する方法について説明します。これにより、各ユーザがサーバ名を手動で入力することなく、正しいライセンス サーバに到達するように複数のクライアント コンピュータを構成することができます。

著者 Alissa Wilczynski

Introduction

OpticStudio または OpticsBuilder を複数のクライアント マシンにインストールするネットワーク管理者として、クライアントがネットワーク ライセンス サーバを自動的に検索しないことに気づくかもしれません。これは、「ネットワーク ライセンス サーバのインストール方法と OpticStudio クライアント設定」の記事で説明したように、Sentinel Admin Control Center にサーバ名または IP アドレスを入力することで解決できます。

この記事の指示に従って、このプロセスを自動化します。OpticsViewerについては、「OpticsViewerネットワークインストールのためのクライアントコンピュータ設定の自動化」を参照してください。

設定

注:この記事を続ける前に、ソフトキーまたはRed USBネットワークライセンスを持っていることを確認する必要があります。

 

 

ステップ 1: OpticStudio が既にインストールされており、動作しているクライアント コンピュータに移動します。

ステップ 2: Sentinel Admin Control Centerの "Access to Remote License Managers "セクションを開いて、設定が正しいことを確認します。以下のアドレス http://localhost:1947/_int_/config_to.html にてアクセス可能です。以下の画面が表示されるはずです。正しいサーバ名が「Place.IP.Address.Here」セクションにあり、「Broadcast Search」と「リモートライセンスへのアクセスを許可」の両方にチェックが入っていることを確認します。

ヒント: ライセンスが見つからない場合は、[Agressive Search for Remote Licenses]オプションをチェックする必要があるかもしれません。

 

 

ステップ3:C:\Program Files (x86)\Common Files\Aladdin Shared\HASP フォルダに移動します。

 

 

ステップ4: hasplm.iniというファイルを探します。このファイルには、ステップ 2 で確認したサーバー名を含む Admin Control Center のすべての設定が含まれています。OpticStudio は起動時にこれらの設定を使用します。 このファイルは、どのクライアント マシンでも同じフォルダ ディレクトリにコピーできます。ファイルをコピーするクライアント マシンの管理者権限が必要です。

重要: クライアント マシンにファイルをコピーした後、変更を有効にするには、コンピュータを再起動するか、Sentinel LDK ライセンシング サービスを利用する必要があります。

サービスだけを再起動するには、次のいずれかの方法があります。

  • スタートメニューを開き、services.mscを検索します。
  • コントロールパネル...システムとセキュリティ...管理ツール...サービスを開きます。

次に、Sentinel LDKライセンスマネージャ(HASPLMSとも呼ばれます)を右クリックして、再起動を選択します。

 

 

ステップ 5: OpticStudio が正常に起動することを確認します。

 

ファイル内の設定を変更する

サーバー名などの設定を変更したい場合は、クライアント マシンから新しいファイルを取得するのではなく、HASPLM.INIファイルを編集してクライアント マシンに再デプロイすることもできます。

メモ帳などのテキストエディタでhasplm.ini設定ファイルを開きます。以下に示す[REMOTE]セクションは、管理者コントロールセンターの[リモートライセンスへのアクセス]セクションにあるのと同じ設定をカバーしています。serveraddrには、サーバーのネットワーク名またはIPアドレスを指定することができます。 

 

KA-01595

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。