OpticStudio クイック インストール ガイド

本記事は、OpticStudio をインストールし、新しい OpticStudio シングルユーザー レガシーパッケージの ソフトキー ライセンスの使用法のクイック ガイドです。Zemaxから新しい OpticStudio ソフトキー ライセンスを受け取った後、ライセンスを適切に設定し OpticStudio を実行するには、2 つのプロセスを完了する必要があります。

著者: Don Dickinson

はじめに

先に進む前に、お読みください。

この記事は、Zemaxレガシーパッケージ でライセンスされたソフトウェアに適用されます。Zemaxレガシーパッケージ ライセンスには、すべてのUSBベースのライセンス、5桁の数字のシリアル番号(例:22000)、および「L」または「T」で始まる6桁の英数字のシリアル番号(例:L100000)のライセンスが含まれています。ライセンスの種類は、こちらのガイドで確認することができます。OpticStudio ライセンスの識別 (Zemaxレガシーパッケージ)

Ansys ライセンスの Zemax ソフトウェアを使用している場合は、Ansys Zemaxのライセンス概要とガイドを参照してください。

Zemax Opticstudio(Ansys OpticStudioではない)をインストールし、組織で共有されているZemaxレガシーネットワークライセンスにアクセスしようとしている場合は、「Zemax ネットワーク ライセンスにアクセスするための Zemax アプリケーションの設定 (Zemaxレガシーパッケージ)」の手順に従ってください。

ソフトウェアのインストール

お使いのコンピュータに最新リリースの OpticStudio を正しくインストールするには、以下の手順に従います。

  1. お使いのコンピュータが 「システム要件」 を満たしていることを確認してください。特に 64bit 版の Windows 7 Service Pack 1、Windows 7 Service Pack 1、Windows 8.1、Windows 10以降の OS である必要があります。マシンにソフトウェアをインストールするための管理者権限を持っていないと、セットアップを完了できません。

Apple社のユーザー: OpticStudio は Apple コンピュータではネイティブに動作しません。これらのコンピュータをお使いの方は、Parallels、VMware Fusion、VirtualBox などの仮想マシン (VM) プラットフォームを使用し、Windows オペレーティング システムで OpticStudio を使用する必要があります。また、Apple Bootcamp(WIndowsとOS/Xのデュアルブート)でのソフトキーライセンスのアクティベーションはサポートされてなく、Apple M1 CPUもサポートされていません。詳しくは「Mac コンピュータで OpticStudio やその他の Zemax ソフトウェアを実行する方法」を参照ください。

  1. OpticStudio を既にインストールしている場合、開いているOpticStudio のインスタンスまたはマニュアル(ヘルプファイル)を閉じるようにお願いします。
  2. OpticStudio のダウンロードページより最新版OpticStudioをダウンロードください。重要:このライセンスタイプでは、Ansys OpticStudioのリリースを入手しないでください。Zemax版が必要です。
  3. Windows のダウンロード フォルダで、ダウンロードした OpticStudio インストーラをダブルクリックします(管理者権限があることを確認してください)。インストール ウィザードが開き、インストール方法を案内します。「次へ」をクリックします。

Setup

  1. エンドユーザー ライセンス 契約の画面が表示されます。ライセンス契約の条件をよく読んでください。条件に承諾する場合は、 [I accept the agreement (条件を承諾します)] の オプション ボタン を選択し、その次に [Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_2

  1. 次に開いているOpticStudio のインスタンスまたはマニュアルを閉じるよう指示する画面が表示されます。指示に従った後に、[Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_3

  1. 次に、インストール場所を指示する画面が表示されます。デフォルトでは 「C:\Program Files\Zemax OpticStudio」 にインストールされますが、他の場所やフォルダ名を指定することも可能です。[Next] をクリックして次に進んでください。

     

Setup_4

  1. 同様に、 スタートメニュー フォルダ を指定することが可能です。デフォルトの "Zemax OpticStudio" から変更しないことをお勧めします。 [Next] をクリックして次に進んでください。

Setup_5

  1. 次に、デスクトップ アイコンクイック起動アイコンを追加するかどうか選択することができます。[Next] をクリックして次に進みます。

Setup_6

  1. 次の画面では、インストールの概要が表示されます。[Install] をクリックして続行します。

Setup_7

  1. インストールが進行していることを知らせるダイアログが表示されます。

     

Setup_8

  1.  完了すると、以下のウィンドウが表示されます。 [Next] をクリックして次に進みます。

Setup_9

  1. インストール終了後に OpticStudio を起動するためのオプションがあります。「Launch OpticStudio」 選択する事をお勧めします。選択すると[Finish] ボタンをクリックした後すぐに OpticStudio が起動します。

setup complete

  1. OpticStudio を初めて起動するとロゴ画面が少しの間表示された後、サンプルファイル等をコンピュータの 「Windows アカウントのドキュメント \ Zemax」 フォルダ内にコピーされます。「OK」をクリックするとコピーが開始します。数分間かかります。

Finish_zemax_installation     

ファイルのコピーが完了すると、OpticStudio は自動的にZemax License Manager を起動します。自動的に起動しない場合は、Windows のスタートメニューの 「Zemax OpticStudio」 フォルダからZemax License Manager へ移動して起動してください。次のセクションでOpticStudio のライセンスのアクティベーションを説明します。

ソフトキーライセンスのアクティベーション

OpticStudio のインストールが完了したのち、ソフトキーのライセンスをアクティベートする必要があります。ライセンスをアクティベートする最初のステップとして、Zemax アカウントの設定を完了する必要があります。Zemax アカウントの設定が完了していないと、ライセンスをアクティベートすることができません。

OpticStudio の新しいライセンスを受け取りの際、既に参加していない場合はZemaxHP への参加を促す電子メールが届いています。このメールの指示に従い、アカウントを作成します。以前にアカウントを持っていて、ログイン名がわからない場合は、ZemaxのWebページの右上にあるSign inのリンクからパスワードを再設定することができます。

Zemax アカウントの有効化が完了したら、次のステップに進みます。 

  1. [Start] - [Zemax OpticStudio] - [Zemax License Manager] から Zemax License Manager アプリケーションを開き、[New License]タブに移動します。 
  2. メールに記載されているライセンス番号とアクティベーションコードを指定のフィールドに入力します。ご使用のソフトウェアが登録を必要とする場合、ZemaxのEメールアドレスとパスワードを入力する2つのフィールドが自動的に表示されます。これらのフィールドにZemaxのEメールアドレスとパスワードを入力します。 
  3. Activateを選択して、ライセンスのアクティベーションを完了します。正常にアクティベートされた場合は、確認メッセージが表示されます。 

注意:アクティベート時にエラーメッセージが表示された場合は、Troubleshootタブに移動し、Check HASP Driversを選択します。これにより、必要に応じてライセンスドライバーのチェックと修復が行われます。このプロセスでOk以外のメッセージが表示された場合、その他のトラブルシューティング情報については、「ソフトキーでのアクティベーションやトランスファ時のエラーの解決法」を参照してください。

  1. ライセンスをアクティベートした後、Zemax License ManagerのView Licenseセクションに移動して、ライセンスが動作していることを確認します。製品名とサポート期限が、アクティベーションメールに記載されているものと一致していることを確認します。 

  1. ライセンス マネージャを閉じると、OpticStudio が自動的に起動します。 起動時にエラーが発生したり、何も起こらない場合は、「OpticStudio のインストールに関するトラブル シューティング」 を参照してください。注意: 今後、OpticStudio を再度起動する場合や、自動起動しない場合は、作成した OpticStudio デスクトップのショートカットを使用するか、「スタート」...「Zemax OpticStudio」でショートカットを見つけます。
  2. インストールの完了です。

最後に、Zemaxのライセンス許諾契約を読むことをお勧めします。ソフトキー ライセンスの仕組みの詳細と、ライセンスを失わないためのヒントが記載されています。また、必要に応じてライセンスのトランスファーにより、別のマシンで OpticStudio を使用することもできますのでご確認ください。ライセンスのトランスファーを行うには、「ソフトキー ライセンスのトランスファー方法 (Zemaxレガシーパッケージ)」の手順に従います。

KA-01832

この記事は役に立ちましたか?
14人中12人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。