OpticsBuilder 図面チュートリアル (Creo Parametric)

この記事では、OpticsBuilder を使用して Creo Parametric でカスタム図面テンプレートを作成してレンズ図面を自動作成するプロセスについて説明します。OpticsBuilder では、Generate Lens Drawingツールを使用して、ISO 10110 準拠の円形レンズの自動図面を作成することができます。このツールは、ZBD ファイル形式でインポートされたカスタム プロパティを使用して、寸法と材料データを記入したレンズの図面を生成します。描画ツールは、数値フォーマット、ピクチャとテーブルの配置、レンズの寸法、レンズ データの自動挿入を処理するマクロを実行します。

著者 Jacob Hart

Introduction

OpticsBuilder を使用して作成された Creo Parametric アセンブリ ファイルには、機械部品と光学部品が含まれています。OpticsBuilder では、Generate Lens Drawingツールを使用して円形レンズの図面を作成することができます。図面テンプレートは、レンズのジオメトリとプロパティを図面に整理して提示するフレームワークです。この記事では、カスタム図面テンプレートにどのような情報が含まれているかを理解し、OpticsBuilder で使用するカスタム図面テンプレートを作成する方法をステップ毎に説明します。

OpticsBuilder 描画ツールの使用

描画ツールを使用するには

  1. ZBD ファイルを OpticsBuilder にインポート
  2. レンズ図面の生成をクリックします。
  3. レンズ図面の生成ダイアログボックスで図面を生成する光学部品を選択します。
  4. 描画テンプレート(OpticsBuilder または Custom)を選択します。
  5. OK をクリックして描画ツールを起動します。

 

Figure 1

 

 

OpticsBuilder 描画テンプレート

描画ツールを起動すると、レンズの正面図と断面図が作成されます。レンズの厚さと面の直径の寸法が追加されます。描画ツールで OpticsBuilder テンプレートを選択すると、以下のような図面が表示されます。

 

 

OpticsBuilder テンプレートを使用している場合、以下のデータがZBDファイルに存在する場合は、自動的に描画テーブルに入力されます。

  • レンズの曲率半径および凹型か凸型かを示す記号 (R)
  • クリア アパーチャ半径 (Øe)
  • レンズ材質 (ガラス)
  • 不確かさを伴う屈折率 (Nd)
  • 不確かさを伴うアッベ数 (Vd)
  • パワー不規則性 (3/)
  • チルト (4/)
  • 面粗さの許容量 (5/)
  • 基準波長 (6/)
  • 材料の欠陥 – 応力複屈折 (0/)
  • 材料の欠陥 – 気泡と介在物 (1/)
  • 材料の欠陥 – 不均一性とストリア (2/)
  • レンズ名 (Part/DRAWING)
  • 図面シートスケール (SCALE)

 

ダブレット、さらには非球面レンズ

ダブレット レンズ アセンブリは、個々のレンズとセメント レンズ群の図面を自動的に生成します。非球面レンズ(非球面のみであっても)には、非球面係数とサグテーブルを含む追加の図面シートが生成されます。

 

カスタム図面テンプレートの作成

カスタム図面テンプレートを使用すると、ユーザーは自分のニーズに合わせて独自の図面テンプレートを定義することができます。ユーザーは、表、メモ、写真を作成したり、レンズの形状や材料特性に関連するパラメータを追加したりすることができます。カスタム テンプレートの図面サイズや向きが OpticsBuilder テンプレートと異なる場合は、新しい図面フォーマットを作成する必要があります。

カスタム図面テンプレートを作成する最初のステップは、Creo で新しい図面フォーマットを作成し、シートサイズと向きを選択することです。Creo 図面フォーマットには、Creo 図面テンプレートの永続的な一部となる表、注釈、グラフィックのフレームワークが含まれています。

 

 

描画形式を指定した後、[OK]をクリックしてシートサイズと向きを選択します。

 

 

OK をクリックして描画フォーマットを作成します。 境界線で空白の図面が作成され、フォーマットが開始されます。

 

描画境界線の作成

描画の境界線は、テーブル ジオメトリを作成するための参照として機能します。ボーダーを作成するには、以下の手順で Sketch タブの Offset Edge ツールを使用します。

  1. 新規の図面フォーマットを開く
  2. スケッチタブを選択します
  3. オフセット エッジ ツールを選択します
  4. 境界線を選択して、指定した距離だけオフセットします。オフセットの方向を逆にするには、負のオフセット番号を使用します。
  5. コーナー ツールを使用して、コントロールを押しながら境界線を選択し、その交点でトリムします。

 

 

 

テーブルの作成

描画ボーダーを作成したら、描画テーブルの作成を開始します。テーブルは、スケッチタブの下にあるテーブル ツールを使用するか、スケッチ ラインを描いてテーブルセルを作成することで作成することができます。このチュートリアルでは、スケッチ線を使って表を作成します。これにより、表の個々の線に適用するスタイルやフォーマットを選択する際に、より柔軟性が増します。

テーブルを開始するには、まずスケッチタブを選択します。スケッチタブでは、ラインツールを使用して表を作成することができます。線の外観は、[スケッチ] タブの [線のスタイル] をクリックして変更することができます。線ツールで作成した線は、シート上のどこにでも描くことができます。スケッチ エンティティを作成する際には、スナップ参照を求めるプロンプトが表示されます。スナップ参照として選択されたオブジェクトは、カーソルが近くにあるときに自動的にスナップされます。スナップ参照と描画フォーマットの他の線との交点も自動的にスナップされます。

 

 

また、オフセット エッジ ツールは、親線から垂直方向と水平方向で異なる距離の新しい線を作成して、線を使った表を作成する際にも便利です。

表を作成した後、描画テーブルの一部となる静的なプレーン テキスト注釈を描画フォーマットに追加することができます。これを行うには、「注釈...注釈」に移動し、表の適切な場所に注釈を配置します。表の線とテキストの注釈が完成したら、描画フォーマットを保存し、描画テンプレートの生成を開始します。 次のステップに進む前に、「ファイル...保存」を使用して図面フォーマットを .frm ファイルとして保存します。

  1. 描画形式を閉じる
  2. 新規図面の作成
  3. 書式で空にするオプションを選択します。
  4. 描画の一部として作成した新しい描画フォーマットを読み込むには、[参照] を使用します。
  5. OKを選択して描画を開始します。
  6. [ツール] タブを選択します。 
  7. テンプレート アイコンを選択すると、図面モードからテンプレート モードに切り替わります。

 

描画アノテーションとカスタム プロパティ

注釈を追加することは、図面テンプレート作成の次のステップです。注釈には、テキスト、パラメータに含まれるレンズ データ、またはテキストとデータの組み合わせが含まれます。カスタム パラメータは、OpticStudio で ZBD ファイルを作成した後、各レンズに添付されます。

ZBD 作成時に光学オブジェクトに関連付けられたカスタム パラメータを表示するには、ツール...パラメータを選択します。

 

 

スクラッチからカスタム図面テンプレートを作成する場合、カスタム パラメータは定義されていません。  しかし、パラメータ名の前に「&」を付けて、パラメータ名を含むノートを作成することで、カスタム パラメータを呼び出して、将来の図面でテーブルを生成することができます。図面が生成されたときに、カスタム パラメータを呼び出す注釈は、パラメータが存在する場合に表示されます。

テキスト パラメータとカスタム パラメータは、パラメータ、テキスト、および別のパラメータ名を追加することで、単一の注釈にまとめることができます。両方のパラメータ名の前には & を付ける必要があります。これは、許容値を含むデータ フィールドを作成する場合に便利です。

これで、カスタム パラメータの製造データを追加するためのカスタム描画テンプレートの準備が整いました。 図面作成を支援するために、Creo 用の OpticsBuilder 図面テンプレートで使用されているカスタム パラメータ名を以下に示します。

 

 

非球面

非球面レンズは描画ツールの特殊なケースで、偶数非球面のみをサポートしています。偶数の非球面の図面を作成する場合、OpticsBuilder テンプレートには、最初のシートの上部にサグ式が含まれ、さらに2つのシートには非球面係数と非球面の両方の面のサグテーブルが含まれています。

 

 

カスタム図面テンプレートで非球面用の余分なシートを作成するには、次のようにします。

  1. テンプレートを開く
  2. [レイアウト] タブの [新規シート] を使用して、2つの余分なシートを追加します。
  3. テーブルタブのテーブルを使用してテーブルを追加する
  4. [レイアウト] タブの [新規シート] を使用して、別の追加シートを追加します。
  5. テーブルタブのテーブルを使用して、さらに2つのテーブルを追加します。
  6. 画面下部の新規シートラベルを右クリックします。
  7. セットアップを選択します。
  8. シートのフォーマットを正しい描画サイズに変更し、OKを選択して白紙のシートを作成します。
  9. 3つの新しいテーブルに非球面係数とサグ値のパラメータ名を入力します。
  10. テンプレートの保存

 

図面テンプレートの保存

テーブル、注釈、およびカスタム パラメータを使用して図面テンプレートを作成したら、ユーザーは、ファイル...名前を付けて保存...コピーを保存を使用してテンプレートを .drw ファイルとして保存する必要があります。シート形式には、作成された描画の向き、サイズ、境界線、テーブル、静的注釈が含まれます。描画テンプレートには、使用されるすべての動的アノテーション、モデルビュー、パラメータ、寸法が含まれます。描画テンプレートは、保存時にシート フォーマットを参照します。

KA-01959

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。