インタラクティブ拡張機能のFAQ

本記事ではZOS-API  のインタラクティブ拡張機能についての、どのように解析ウィンドウをアップデートするかといった、よくある質問に回答します。

著者 Sandrine Auriol

Introduction

インタラクティブ拡張機能を使用するとOpticStudio のオープンしているインスタンスに直接通信することができます。本記事ではこのツールについてのよくある質問に答えていきます。

どのプログラミ言語でインタラクティブ拡張機能が使えますか?

インタラクティブ拡張が使えるのはMatlab と Python のみです。

 

インタラクティブ拡張機能で変更を加えましたが、エディタだけしかアップデートされません。何が起きていますか?

インタラクティブ拡張機能で通信した時、OpticStudio のアップデートモードがエディタのみに変更されています。そのためエディタしかアップデートされません。

この設定は計算スピードのためです。 API では、通常、数百ではないにしても数十のパラメーターを非常に迅速に変更しており、このモードではパラメーターを迅速に変更できます。 インタラクティブ拡張機能が閉じられると、元の更新モードが復元されます。

 

インタラクティブ拡張機能で変更を加えましたが、解析ウィンドウをアップデートすることはできますか?

はい、できます!

解析ウィンドウをアップデートできるようにするためには、以下の2つの方法があります。

  • 1つ目は、更新モードを全てのウィンドウに戻し、更新を実行する方法です。 Matlab では、コードは次のようになります:

    TheSystem.UpdateMode=ZOSAPI.LensUpdateMode.AllWindows;
    TheSystem.UpdateStatus();
  • 2つ目は、開いている分析ウィンドウを実際にループし、ApplyAndWaitForCompletion() メソッドを使用してウィンドウを更新する方法です。 Matlabでの彼のコードは次のようになります。

    % update all analysis windows
    for i = 1:TheSystem.Analyses.NumberOfAnalyses
        TheSystem.Analyses.Get_AnalysisAtIndex(i).ApplyAndWaitForCompletion();
    end

 

KA-01828

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。