ライセンス管理者として理解しておくべきことがありますか。

ライセンス管理者は、組織内の同僚を追加、編集、無効化したり、ライセンスに割り当てられたエンドユーザーを管理することができます。サポートされているライセンスにエンドユーザーを割り当てると、その人は Zemax が提供するすべての関連リソースにアクセスすることができ、ライセンスされたソフトウェアを実行する権限が与えられます。同僚とエンドユーザーの権限に関する記事を参照してください。

ライセンスと同僚の管理は、Zemax のプロフィールページで処理され、自分が管理者となっているライセンスを確認することもできます。組織内の1つのライセンスの管理者は、他のライセンスも管理できるため、どのライセンスの管理者も、他のライセンスの管理者が利用できない場合に「バックアップ」することができます。「ライセンスにエンドユーザーを追加する方法を教えてください」の記事を参照してください。

ライセンス管理者は、サポートやサブスクリプションが更新されたときや、ライセンス製品がアップグレードされたときに、ライセンスの更新情報が送られる人でもあります。そのため、ライセンスが継続して動作し、最新のソフトウェアを実行できるように、管理者の情報を最新に保つことが重要です。ライセンス管理者を変更する必要がある場合は、「他のユーザーをライセンス管理者として設定する方法を教えてください」の記事を参照してください。 

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。