ライセンス管理者として理解しておくべきことがありますか。

ライセンス管理者は、ライセンスに割り当てられたエンドユーザーを管理します。エンドユーザーを割り当てると、そのユーザーはZemaxから(サポート契約中のライセンスに対して)提供されるすべての関連リソースにアクセスしたり、ライセンス対象のソフトウェアを実行したりすることができるようになります。
 

ライセンスにエンドユーザーを追加するには

  1. 追加するユーザーは、同僚のリストに登録されている必要があります。確認または登録するには、Zemaxアカウントにログインし、[ Manage Colleagues ](同僚を管理)を開きます。同僚の追加または非アクティブ化はいつでも可能です。
  2. 自分のZemaxアカウント内でライセンステーブルを開き、エンドユーザーを追加するライセンスをクリックします。
  3. [License Details](ライセンスの詳細)ページの[Add End User](エンドユーザーの追加)をクリックします。リストから同僚を選択します。

:個人(1ユーザー) ライセンスの場合、一度に登録できるエンドユーザーは1人だけです。ネットワークライセンスタイプの場合、エンドユーザーの人数に制限はありません。
 

ライセンスのエンドユーザーを変更するには

  1. 既存のエンドユーザーを削除するには、ライセンステーブルの[Manage](管理)をクリックします。[License Details](ライセンスの詳細)ページで、[Remove User](エンドユーザーを削除)をクリックします。
  2. [Add End User](エンドユーザーの追加)をクリックします。
  3. リストから同僚を選択します。選択したユーザーに、ライセンスが割り当てられたことが通知されます。
  4. ライセンスがシングルユーザー(個人)ライセンスの場合、元のエンドユーザーが自分のコンピュータでZemaxライセンスマネージャーを開き、ライセンスを新しいエンドユーザーに移行する必要があります。OpticStudioライセンスの移行方法
  5. 新しいエンドユーザーは、ライセンス対象のZemaxソフトウェアをダウンロードし、ライセンス移行コードを使ってライセンスを自分のコンピュータにインストールできます。新しいエンドユーザーも、Zemaxから提供されるリソースすべてにアクセスできます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。