分光器の設計方法

2023-11-28_16-26-28.png

このラーニング パスでは分光器の設計法を学習できます。ここでは、理想的な分光器から始まり、回折格子の理論を説明します。次に、実際の光学系を使用して設計を実装する方法を学びます。設計の準備ができたら、公差解析する方法を学び、迷光解析を実行します。
 
想定所要時間: 3 時間

 

 

分光器の設計方法 - 理論

この記事では、近軸エレメントを使って、レンズ - 回折格子 - レンズで構成された分光器をモデル化する方法について説明して、必要なパラメータや、マルチコンフィグレーション、評価関数、ZPL マクロなどの高度な OpticStudioの機能を使用した性能評価までの、設計プロセスにについて説明しています。

 

分光器の設計方法 - 実装法

この記事では、市販の光学素子を使用してレンズ - 回折格子 - レンズ (LGL) で構成される分光器を実装する方法について説明します。分光器のセットアップについて取り上げ、さらに設計の改善と最適化についても言及しています。

 

分光器の設計方法 - 公差解析

この記事では、OpticStudioで市販の光学素子で構築されたレンズ - 回折格子 - レンズ (LGL) 構造の分光器の公差解析を実行する方法と、組み立ておよび製造時に発生する公差を補正する方法について説明します。

 

分光器の設計方法 - 迷光解析

この記事では、分光器のセットアップをシーケンシャル モードからノンシーケンシャル モードへの変換し、シンプルなケースの設計と、ケースにより散乱する光のうち分光器のライン カメラに影響を与える光の定量分析について説明します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。