OpticsBuilder 22: Creo Parametric 7 のインストール ガイド

この記事では、Creo Parametric 7.0.5.0 以降で Zemax OpticsBuilder を読み込めない場合に、考えられるアプリケーション上の問題のトラブルシューティングで実行できる手順を説明します。 

著者: Flurin Herren  

はじめに 

現在、Creo 4、5、6 OpticsBuilder を使用できるほか、Creo Parametric 7 では OpticsBuilder 22.1 (リリース: 2022 2 1 ) を使用できます。 

Creo Parametric 7.0.5.0 以降で OpticsBuilder を読み込む場合は、OpticsBuilder のアドインを問題なく実行するために、設定を必要とする前提条件があります。この前提条件をデフォルトで設定している場合は、以下のトラブルシューティング手順を適用する必要はありません。以下で取り上げている警告メッセージが表示される場合にのみ、これらの手順を適用してください。ただし、Creo Parametric 7 OpticsBuilder を使用するには、Creo Parametric 7.0.5.0 以降の使用をお勧めします。その理由は「補足情報」の章をご覧ください。 

LensMechanixLoader を起動できない 

Creo Parametric 7.0.5.0 以降で OpticsBuilder を読み込むと、次のエラー メッセージが表示されることがあります。 

Pic2Creo7.png

この問題を解決するには次の手順に従います。 

  1. Creo のインストーラを開きます。 
  2. [既存ソフトウェアのアップグレード] (Upgrade existing software) を選択します。[次へ] (Next) をクリックします。 
  3. ソフトウェアライセンス許諾条件に合意します。[次へ] (Next) をクリックします。 
  4. ライセンス ID は現状のままにします。[次へ] (Next) をクリックします。 
  5. アプリケーションの選択は現状のままにします。[次へ] (Next) をクリックします。 
  6. [アプリケーションのカスタマイズ] (Customize Application) [レガシー ツールキット アプリケーションのランタイム] (Legacy Toolkit Application Runtime) がチェックされていることを確認します。 

PicCreo7.png

上記の手順の後、OpticsBuilder を正常に読み込むために [インストール] (Install) をクリックします。 

レガシー ツールキット アプリケーション 

Creo Parametric 7.0.5.0 以降で OpticsBuilder を読み込むと、次のエラー メッセージが表示されることがあります。 

Toolkit_Warning.png

この問題を解決するには、警告メッセージの指示に従うか、前の章の手順 6 を参照してください。 

補足情報 

バージョン 7.0.5.0 よりも前の PTC Creo Parametric にはバグが存在することから、一般的に、OpticsBuilder Creo Parametric 7.0.5.0 以降で使用することをお勧めします。バージョン 7.0 から 7.0.4 までの Creo Parametric にインストールした OpticsBuilder は適切に機能しません。このバグは OpticsBuilder の正常な実行に影響し、アドインが使用できない問題やインポートの問題をはじめとする機能上の問題が発生する原因となります。バージョン 7.0 から 7.0.4 Creo Parametric OpticsBuilder をインストールしようとすると、Creo Parametric 7.0.5.0 以降へのアップグレードを指示するメッセージがポップアップ表示されます。 

 

Zemax OpticsBuilder を使用するうえで問題が継続する場合は support@zemax.com までご連絡ください (アクティブなライセンスをお持ちのユーザー専用です)。 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。