Ansys ライセンスにアクセスするための Zemax アプリケーションの設定

この記事では、Ansys ライセンスを使用してライセンス サーバーにアクセスできるように Zemax アプリケーションを設定する方法を検討します。 

Authored By Don Dickinson

重要な事前注意事項 

この記事は、Ansys ライセンスを使用していて、OpticStudio Ansys 対応バージョンをダウンロードしようとするユーザーを対象としています。T または L を先頭文字とするネットワーク ライセンス番号 (L100000 など) が割り当てられている場合は、こちらの記事を参照してください。5 桁の番号で構成するライセンス (22000 40999) の場合は、こちらの手順を参照してください。 

アプリケーションのインストール 

使用する Zemax アプリケーションをインストールします。Ansys のポータル (リンクが必要) または Zemax のプロファイル ページから Ansys バージョンを必ず入手しておきます。これらのサイトにアクセスするにはアカウントが必要です。 

ライセンス サーバーへのアクセスの設定 

このアプリケーションを初めて起動したとき、ライセンスが見つからないと自動的にライセンス ユーティリティが起動します。起動しない場合は、[ヘルプ] (Help) メニューからライセンス ユーティリティを起動できます。 

現在のマシン上でアクティベートしたライセンスの使用 

サーバー上のライセンスにアクセスせず、現在使用しているマシン上でライセンス ファイルをアクティベート済みの場合は、そのローカル ライセンスが自動的に使用されます。現在のマシン上でアクティベートしたライセンスのみを使用するのであれば、[デフォルト設定の使用] (Use Default settings) をチェックしたままにしておきます。
ネットワーク ライセンスも使用する必要がある場合は、サーバー名の一覧に [Localhost] があることを確認して次のセクションを参照します。現在のマシンにインストールされているライセンスを使用しない場合は、一覧から Localhost を削除してもかまいません。

[OK] をクリックして設定を保存します。新しい設定を有効にするためにアプリケーションを再起動することを求められます。ライセンスが見つかって正常に起動すれば、ライセンスの準備は完了です。 

 

mceclip0.png

ライセンス サーバー上のライセンスへのアクセス 

別のマシン上のライセンスを使用する場合は、[デフォルト設定の使用] (Use Default settings) のチェックをはずし、目的のライセンス サーバーの名前を入力します。複数のライセンス サーバーにアクセスする必要がある場合は、[冗長サーバーを指定] (Specify Redundant servers) ボックスをチェックします。 

ヒント : 使用しているマシンにインストールしたライセンスも使用する場合は、サーバーの一覧に [localhost] を追加できます。 

[サーバーの TCP/IP ポート番号を指定] (Specify Server TCP/IP port number) をチェックすることで、デフォルトのポートを変更することもできます。ポートが不明な場合は、このボックスをチェックしない状態にしておきます。この場合は、デフォルトの 1055 が使用されます。サーバーの情報が不明な場合は、担当のライセンス管理者に問い合わせます。 

 

mceclip1.png

すべてを設定したら [OK] をクリックして設定を保存します。ここでアプリケーションを再起動する必要があります。指定したサーバー上のライセンスがアプリケーションで検索されます。 

アプリケーションが正常に起動すればアプリケーションの準備は完了です。 

エラーが発生した場合や、ソフトウェアを起動したときの設定画面に戻される場合は、ライセンスが見つかっていません。このページの最後に挙げたリンク先の記事を参照してください。 

 

ライセンスの優先順位 

OpticStudio では、使用するライセンスとして ProfessionalPremiumEnterprise のどれを使用するかを起動手順の冒頭で選択できます。選択したライセンスが存在しない場合は、一覧にある他のライセンスの使用が試みられます。 

 

エラー 

ライセンスの設定後にエラーが発生する場合は、以下の記事を参照してください。 
 
 

まとめ 

ここで述べた手順で、ライセンスを探すようにマシンを設定できます。詳しいサポートが必要な場合は、Zemax アカウント プロファイルまたは Zemax.support@ansys.com までご連絡ください。 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。