Ansys Zemax ライセンス サーバーのインストールとアクティベーション

このガイドでは、ライセンス サーバーのインストールと Ansys ライセンスのアクティベーションについて説明します。

著者: Don Dickinson

重要な事前注意事項

この記事は、Ansys Flexlm ライセンスを使用するユーザーのみを対象にしています。Zemax OpticStudio の Ansys バージョンでは、従来の Zemax ライセンスをアクティベートできず、使用することもできません。サーバーに別のライセンス マネージャ アプリケーションをインストールし、別のバージョンの Zemax OpticStudio を使用する必要があります。

L100000 のように先頭文字が L または T のライセンス番号を受領している場合は、こちらの記事でサーバーとクライアントのセットアップ方法を確認してください。黒色の USB ネットワーク ライセンス (ライセンス番号 22000 ~ 40999) を保有している場合は、こちらの記事を参照してください。

ライセンスが生成されると、ライセンス ファイルの作成を依頼する電子メールがライセンス管理者に送付されます。その手順を以下で簡単に説明します。

Ansys ライセンス マネージャのインストール

まず、管理者がサーバーに Ansys ライセンス マネージャをインストールする必要があります。

Zemax のサポートが精通していることから、このサーバーとして Windows サーバーをお薦めしますが、Linux 版のライセンス マネージャも用意されています。Ansys ライセンス マネージャをインストール済みであれば、次のセクションに進みます。

Ansys ライセンス マネージャは、以下の Ansys カスタマー ポータルからダウンロードできます。

https://support.ansys.com/

  1. Ansys ライセンス マネージャを展開して、ライセンス サーバー マシンにインストールします。 
  2. インストール ウィザードの指示に従ってインストールを完了します。

Ansys では、Ansys ライセンス マネージャの詳しいインストール ガイドを Ansys ヘルプ ウェブサイト* に掲載しています。また、WindowsLinux のハウツー動画も用意されています。

 

サーバー情報の取得

以下の説明は https://www.ansys.com/it-solutions/licensing/capture-license-server-information からの引用です。

ライセンス サーバーとして指定したシステムごとに以下の手順を実行します。このプロセスの過程では、この手順を実行しているユーザーとその所属先企業に関する情報の入力が求められます。この手順では、マシンのホスト名と FlexNet のホスト ID が自動的に取得されます。

ディスク情報を取得するデフォルト設定の使用をお勧めします。

Ansys がライセンス ファイルを生成する手順、またはユーザーがその資格を Ansys ライセンス ポータルでアクティベートしてライセンス ファイルをダウンロードする手順では、ライセンス サーバーの ホスト ID 情報が必要です。

mceclip3.png

資格のアクティベーション

詳細については、Ansys ライセンス : 資格のアクティベーションのハウツー動画をご覧ください。

  • Ansys の資格情報を使用して Ansys ライセンス ポータルにログインします。
  • Ansys ライセンス マネージャからライセンス サーバーに保存したライセンス サーバーのホスト ID 情報を追加またはアップロードすることで、ユーザー自身の資格をアクティベートします。
  • 受領したライセンス ファイルを保存し、次のセクションに進みます。licensing_portal_-_activate_add_hostid.png

ライセンス ファイルのインストール

受領したライセンス ファイルの適用方法は以下のとおりです。

  • Ansys ライセンス管理センターを開きます。
    mceclip0.png

  • [License File Options] → [Add a license file] に移動します。
  • ライセンス ファイルの場所を参照し、そのファイルを追加します。
  • ライセンス ファイルをインストールし、画面の指示に従ってライセンス マネージャを再起動します。

    mceclip1.png

ライセンス サーバーの設定

ファイアウォールを使用している場合またはセキュリティで保護したネットワークで作業している場合は、Ansys ライセンス マネージャで使用しているポートを例外リストに追加する必要があります。ここに示すプロセスでは、Ansys ライセンス マネージャが使用するデフォルトの TCP ポートを使用します。

注 : Ansys ライセンス マネージャを実行している場合は、それを停止し、ライセンス ファイル ansyslmd.lic を編集してベンダー デーモンの静的ポートを追加します。このライセンス ファイルはインストール先フォルダにあります (デフォルトのインストール先パスは次のとおりです)。

Windows:

"C:\Program Files\ANSYS Inc\Shared Files\licensing\license_files"

Linux:

"/ansys_inc/shared_files/licensing/license_files/"
  • ライセンス ファイルを受領した時点では、'ansyslmd' のベンダー デーモンのポートは動的 (ランダム) です。
  • 次のように、このベンダー デーモンにデフォルトの静的ポートを設定し、ライセンス ファイルの VENDOR 行末尾に PORT=1056 を追記することをお勧めします。
    SERVER license_server DISK_SERIAL_NUM=1e324fdc 1055
    VENDOR ansyslmd PORT=1056
  • このベンダー ポートをライセンス ファイルに追加した後、TCP ポート 1055、1056、2325 をファイアウォールまたは例外リストに追加して、ライセンス マネージャにアクセスできるようにします。
  • これらとは別のポートをライセンス ファイルで FlexNet とベンダー デーモンに指定する場合は、Licensing Interconnect ポート (2325) とともにそれらのポートをファイアウォールまたは例外リストに追加します。

ライセンス サーバーの状態とライセンスの利用数の確認

ライセンス サーバーにログインした状態で、Ansys ライセンス管理センターから Ansys ライセンス マネージャの状態とライセンスの利用数を確認できます。Windows では、[スタート] (Start) メニューからライセンス マネージャを利用できます。

ライセンス サーバーでは Linux のターミナルから次のように指定してライセンス マネージャを利用できます。

/ansys_inc/shared_files/licensing/linx64/ansysli_server -k info
/ansys_inc/shared_files/licensing/linx64/lmutil lmstat -a -c 1055@localhost

mceclip0.png

mceclip1.png

サーバー上のライセンスにエンド ユーザーがアクセスできるようにする措置

サーバーのライセンスを設定した後、「Ansys ライセンスにアクセスするための Zemax アプリケーションの設定」の手順に従って、そのライセンスにエンド ユーザーがアクセスできるようにします。サーバー名とポート番号および操作ガイドをエンド ユーザーに提供する必要があります。

参考文献

Ansys ライセンス管理センターの概要

Ansys, Inc. ライセンス管理ガイド

Ansys ハウツー動画

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。