Ansys Zemaxのライセンス概要とガイド

この記事では、FlexLMに基づく新しいAnsys Zemaxライセンスについて説明し、ライセンス構成やそれらに関連する情報への追加記事へのリンクを示します。2022年7月時点でリリースされたZemax Ansysライセンス製品に適用されます。 

重要な注意事項

L100000などのLまたはTで始まる旧式のZemaxライセンス番号、またはUSBライセンス(22000~40999の番号)を使用している場合、これらのガイドは適用されません。 
 
作者 Don Dickinson
 

概要

新しいAnsysライセンスモデルは、FlexLMネットワーク共有ライセンスと、ライセンスサーバのセットアップに標準のAnsys ライセンスマネージャー アプリケーションを使用します。これらの新しいライセンスを使用するために、Zemax製品の新しい別バージョンを一緒に使用する必要があります。OpticStudio では「Ansys Zemax OpticStudio」を、Ansys OpticsBuilder では「Ansys OpticsBuilder」をインストールし、新しいアンシス ライセンスにアクセスする必要があります。
 

参考記事

これらの記事は、AnsysライセンスおよびZemaxアプリケーションの設定とアクセスに役立ちます。 
 
ライセンスが見つからない、または使用できない場合エラーの説明です。
 
ライセンスサーバーの設定とサーバーの設定に関する2つの記事です。
 
この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。