ライセンス サーバー上の Ansys ライセンスへのアクセス制限

Introduction

ライセンス サーバー上の Ansys ライセンス マネージャによってOpticsBuilder または OpticStudio のライセンスへのアクセスを制御できます。このようなアクセス ルールを 'ansyslmd.opt' オプション ファイルで定義できます。 
 

重要な注意事項 

この記事は、Ansys Flexlm ライセンスを使用するユーザーのみを対象にしています。従来の Sentinel LDK ライセンス (L100000 のようにライセンス番号の先頭文字が L または T のライセンス) を使用しているユーザーは、こちらを参照してください。黒のUSB ネットワーク ライセンス (ライセンス番号が 22000 40999 のライセンス) を使用しているユーザーは、こちらを参照してください。 
 
著者 Don Dickinson (サンプルの大半は Lumerical チームの協力によっています)

前提条件 

  • Ansys ライセンス マネージャとインストールされたOpticStudioまたはOpticsBuilderのライセンス
  • ライセンス サーバーへの直接アクセスまたはリモート アクセス権
  • root 権限または管理者権限 

アクセス制御の例 

  • 特定のユーザー グループまたは 1 人のユーザーにライセンス セットを確保する。 
    例: シートへのアクセスを常時必要とするユーザーが 1 人いる場合、そのユーザーにライセンスを恒久的に確保できます。 
  • 特定のマシンまたはユーザーをライセンスから除外します。

はじめに - ライセンスフィーチャーを知る
本ルールは、Ansysライセンスファイルにおいて「機能」として定義されているOpticstudioまたはOpticsBuilderに適用されます。これらの製品エディションに対応する機能は、以下のとおりです。

 

OpticStudioライセンスでは、各エディションに下位エディションのレベルが含まれることに注意してください。例えば、Enterpriseの場合、ライセンスファイルにはpremiumとproのレベルも記載されています。したがって、アクセス規則を定義する場合は、すべての ZOS レベルを含む規則を作成することを確認してください。

zos_level1 = OpticStudio Professional
zos_level2 = OpticStudio Premium 
zos_level3 = OpticStudio Enterprise 

zob_level1 = OpticsBuilder 
zob_level2 = OpticsBuilder 

 

'ansyslmd.opt' ファイルの保存場所 

:インストール先フォルダに 'ansyslmd.opt' (テキスト) ファイルが見つからない場合は、そのファイルを作成します (以下はデフォルトの保存場所を示しています)

Windows:

"C:\Program Files\ANSYS Inc\Shared files\Licensing\license_files\"

Linux:

/ansys_inc/shared_files/licensing/license_files/ 

使用するキーワード

USER

  • オプションを指定して、使用するユーザーを定義します。このオプションでは大文字と小文字が区別されます。 
    USER username
  • : ユーザー bill Opticstudio Premium ライセンスの 1 シートを確保します。1シートのライセンスしかない場合、ライセンスを使用できるのはビルだけとなりますのでご注意ください。 
    RESERVE 1 zos_level1 USER bill
    RESERVE 1 zos_level2 USER bill

GROUP

  • 任意のオプションを指定して、使用するユーザー グループを定義します。このオプションでは大文字と小文字が区別されます。 
    GROUP group_name user_list
  • : tomjimbill の各ユーザーで構成するグループ 'Researchers' を定義し、その GROUP に OpticStudio Premium ライセンスを 1 つ確保します。 
    GROUP Researchers tom jim bill 
    RESERVE 1 zos_level1 GROUP Researchers
    RESERVE 1 zos_level2 GROUP Researchers

: 1 人のユーザーが所属できるユーザー グループは必ず 1 つのみです。

HOST_GROUP

  • 任意のオプションを指定して、使用するホスト (コンピュータ) のグループを定義します。このオプションでは大文字と小文字が区別されます。 各ホスト名を識別するために、コンピュータのマシン名を使用します。
    HOST_GROUP group_name host_list
  • : Computer1Computer2、Computer3からなるHOST_GROUP ZOSPREMを定義します。 
    HOST_GROUP ZOSPREM Computer1 computer2 computer3

: 各ホスト名が属するホスト グループは必ず 1 つのみです。 

INCLUDE

  • ユーザーあるいはユーザー/ホストの事前に定義されたグループが、この機能のライセンスを使用できるようにします。INCLUDE 文に記述されていないユーザーは、この機能を使用できません。EXCLUDE INCLUDE よりも優先して適用されます。EXCLUDE リストによる指定と INCLUDE リストによる指定との競合は、EXCLUDE を優先することで解決されています。 
    INCLUDE feature type {name | group_name}
  • : グループ 'researchers' がOpticstudio Professional ライセンスを使用できるようにします。
    INCLUDE zos_level1 GROUP researchers

: USER_BASED 機能と HOST_BASED 機能には INCLUDE を指定する必要があります。システム管理者は、どのユーザーが製品を使用できるかを INCLUDE で指定します。そのライセンスによって、製品を使用できるユーザーの人数が制限されます。 

INCLUDEALL

  • ユーザーあるいはユーザー/ホストの事前に定義されたグループが、ライセンス マネージャ上でベンダー デーモンから提供されるすべてのライセンス機能を使用できるようにします。INCLUDEALL 文に記述されていないユーザーは、これらの機能を使用できません。 
    INCLUDEALL type {name | group_name}
  • : ライセンス マネージャ上でベンダー デーモンが提供するすべてのライセンスを、ユーザー 'jane' が使用できるようにします。 
    INCLUDEALLUSER jane

MAX

  • グループまたはユーザーによるライセンス使用数を制限します。 
    MAX 2 feature type {name | group_name}
  • : グループ 'ZOSPREM' 使用できるライセンスを 2 件に制限します。 
    MAX 2 zos_level2 GROUP ZOSPREM 
    MAX 2 zos_level1 GROUP ZOSPREM

EXCLUDE

  • ユーザーあるいはユーザー/ホストの事前に定義されたグループライセンスにアクセスできないようにします。 
    EXCLUDE feature type {name | group_name}
  • : 'Opticstudio Premium' を使用できるユーザーからグループ NOZOS を除外します。 
    EXCLUDE zos_level2 GROUP NOZOS 
    EXCLUDE zos_level1 GROUP NOZOS 

EXCLUDEALL

  • ユーザーあるいはユーザー/ホストの事前に定義されたグループ、現在の FlexLM 上でどのライセンスにもアクセスできないようにします。タイプを定義しない場合は、すべてのタイプ (ユーザー、グループ、ホスト) が、どのライセンス機能にもアクセスできなくなります。 
    EXCLUDEALL type {name | group_name}
  • : 現在のライセンス マネージャ上でベンダー デーモンが提供するどのライセンス機能も、ホスト名が 'sky' のマシンからはチェックアウトできないようにします。 
    EXCLUDEALL HOST sky

RESERVE

  • ユーザー、ホスト、あるいはユーザー/ホストのグループにライセンスを確保します。 
    RESERVE number feature type {name | group_name}
  • : ユーザー 'jill' にOpticStudio Premium のライセンス 1 件確保します。   
    RESERVE 1 zos_level1 USER jill
    RESERVE 1 zos_level2 USER jill

EXPDATE

  • 事前定義したユーザー、ホスト、あるいはユーザー/ホストの事前に定義されたグループに確保するライセンスの有効期限を指定します
    EXPDATE={expiry_date}
  • : 有効期限を 2022 1 31 日としたOpticStudio Premiumのライセンスをグループ 'ZOSPREM’ 1 件確保します。
    RESERVE 1 zos_level1:EXPDATE=31-jan-2022 GROUP ZOSPREM
    RESERVE 1 zos_level2:EXPDATE=31-jan-2022 GROUP ZOSPREM

:ここで指定する 「機能」 と 「有効期限」 は、ライセンス ファイルに記述されている該当の値と一致している必要があります。 

 

TIMEOUT

このキーワードはライセンス ファイルで使用できますが、ライセンス シートが解放されたときに Opticstudio または OpticsBuilder が開いていると、アプリケーションが常にライセンス サーバにチェックインしようとするため、この設定が上書きされてライセンス シートが使用されたままになることがあります。この期限切れが機能する場合、エンドユーザーのZemaxアプリケーションは、終了する前に作業を保存することを推奨いたします。

  • ベンダー デーモンによって、非アクティブなライセンスが解放されてから再請求されるまでの時間を設定します。 
  • 最小のタイムアウトは 7,200 (2 時間) です。 
    TIMEOUT feature{:keyword=value} seconds

TIMEOUTALL

  • TIMEOUT と同様ですが、すべての機能に適用されます。 
    TIMEOUTALL 7200

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。